ランカウイ島の 観光 旅行 ホテル ダイビング情報など

アクセス情報

ランカウイ島へのアクセス情報

アクセス情報,ピックアップコメント&トラックバック(0)

2

ランカウイ島へ行くには、日本からの場合は、ほとんどの方が航空便を使われることでしょう。

その場合は、

日本

(成田、関西国際空港、
名古屋空港、福岡空港)

約7時間



シンガポール

(チャンギ国際空港)

約1時間半

ランカウイ

日本

(成田、関西国際空港、
名古屋空港、福岡空港)

約7時間半

マレーシア

( クアラルンプール国際空港)

約1時間

ランカウイ

また、ペナンからもマレーシア航空が就航しており、30分で行くことができます。

また、フェリーで船便というおつな行き方もございます。

その場合は、

ペナン行きは1日3便、マレーシア西海岸へは、1日15便ていど出ていまして、

マレー半島のクアラ・ペルリス:所要45分
マレー半島のクアラ・ケダ:1時間15分:
ペナン:所要2時間半
タイのサトゥン:所要2時間半

ランカウイ島のクアタウンをフェリーで往復しています。

乗り継ぎ情報

アクセス情報コメント&トラックバック(0)

ランカウイ島へは、乗り継ぎでシンガポールか、マレーシアを経由してゆきますが、経由地の情報もご紹介させていただきます。

シンガポールチャンギ国際空港

アジア屈指の空港で、非常に大きな空港です、3つの国際ターミナル、バジェットターミナル、貨物ターミナルとなっています。

日本から到着する場合は、到着ターミナルが、航空会社や、発着地によって異なりますので、あらかじめチェックしておきましょう。ターミナル間の移動が必要になる場合は、タクシーか、無料のスカイとレインを利用してください(6:30~1:30)。

トランジットホテルの利用も可能でシングル:S$57.75、ツイン:S$67.40、トリプル:S$86.65です。

空港情報の詳細はこちらで。

シンガポール・チャンギ空港日本語HP

チャンギ国際空港(JALのHP)

マレーシア国際空港

マレーシア国際空港では、国際便から、国内便への移動が必要となります。

サテライトビルに到着→→サテライトターミナルビルへ

→→エアロトレイン→→コンタクトピア4階→→エスカレーターで3階

という順番です。その後入国手続きを済ませて、国内線へ向かいましょう。案内看板も出ていますので、心配は無用と思います。

また、トランジットホテルもあります。

ビンタン島基本情報

ランカウイ島基本情報

大小104の島々からなるランカウイ諸島の一番大きな島がランカウイ島です!観光に力も入っていますが、まだまだ多くの自然も残っている島ですよ!そんなランカウイ島の基本情報をご紹介いたします!

 概要情報  | 気候・お天気  | 治安と滞在中の注意事項  | お金情報  | アクセス情報  | 交通情報  | 地図・所在地  

ビンタン島旅行記

ランカウイ島のホテル情報

ランカウイ島のホテルは、北部のダタイ、タンジョンルーなどには高級リゾートが立ち並び、南部のクアは島内最大の繁華街であり、この近辺にもリゾートが立ち並ぶ、パンタイチュナン、パンタイテンガーなどがあります。

★★★★★ 高級ホテル

★★★★ 中級ホテル

★★★ エコノミー

ビンタン島観光情報

ランカウイ島の観光情報はこちら

ランカウイはビーチ以外の自然も多く、さまざまなアクティビティ、観光が楽しめます。まずはこちらで、滞在ビーチを決めると良いかもしれません。

 おすすめ観光スポット  | ショッピング  | スパ・マッサージ  | オプショナルツアー  | ゴルフ  | マリンスポーツ  | パヤ島のダイビング  | ビーチ情報  | 離島ガイド

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0