ランカウイ島の 観光 旅行 ホテル ダイビング情報など

交通情報

ランカウイの交通事情

交通情報コメント&トラックバック(0)

5

ランカウイ島の交通事情についてご紹介いたします。

ランカウイ島は日本と同じ、右側通行です。また、シートベルトや、ヘルメットの着用義務なども日本と同じと考えてよいでしょう。

道路なども整備されていて非常に走りやすいのですが、信号が少ないので、交通事故には十分注意してください。

マレーシアはどこでもそうですが、運転が半端ではないほど乱暴で、危険です。日本から来てすぐに乗るのは危険かもしれませんので、十分に注意して乗ってください。

また、ランカウイに限らず、マレーシアの警察は賄賂が大好きです。違反をしていなくてもとめられることさえあるそうです。そういったときは、少しばかり賄賂を渡せば許してくれるばあいも多いようです。マレーシアの友人がマレーシアの犯罪は、警察のせいでよくならないと嘆いているのを聞いたことがあるくらいです。このこと頭の片隅に入れておいてください。

ランカウイ島の交通手段は発展しておらず、旅行者はタクシーないしはレンタカーを使うのが一般的です。

空港から各ホテルへ

空港からホテルへの移動は、タクシーの利用が一般的です。到着ロビーに前払い制のクーポン売り場がありますので、行き先を告げ料金を支払ってから乗車します。クアタウン、パンタイ・チェナン、パンタイ・テンガ地区へは約20分、タンジョンルー、へは25分程度、ダタイ湾へは50分ほどです(目安)

タクシー

6ホテルやショッピングセンターでは、たいていタクシーが止まっていますし、クアタウンでは流しのタクシーがいます。ただし、その他の場所でタクシーを捕まえるのは非常に困難ですので注意してください。

レストランなどに行く場合は、タクシーを利用しますが、その場合は帰りの時間を決めて、迎えに来てもらうようにあらかじめ頼んでおきましょう。もちろんレストランから、頼むこともできますが、場合によっては時間がかかるので、ホテルに頼んでおくのが無難です。

レンタカー

ホテルでゆっくりするよりは、いろんな場所を回りたいという方は、レンタカーが便利でしょう。レンタカーはパッケージツアーであれば、旅行代理店にお願いすればよいでしょうし、ランカウイ空港にもレンタカーカウンターがありますので、そちらでチャーターしましょう。国際免許を持参しましょう

各ホテルのシャトルバス

ホテルでは、シャトルバスを用意しているところもありますので、ホテルにて確認すると良いでしょう。

ビンタン島基本情報

ランカウイ島基本情報

大小104の島々からなるランカウイ諸島の一番大きな島がランカウイ島です!観光に力も入っていますが、まだまだ多くの自然も残っている島ですよ!そんなランカウイ島の基本情報をご紹介いたします!

 概要情報  | 気候・お天気  | 治安と滞在中の注意事項  | お金情報  | アクセス情報  | 交通情報  | 地図・所在地  

ビンタン島旅行記

ランカウイ島のホテル情報

ランカウイ島のホテルは、北部のダタイ、タンジョンルーなどには高級リゾートが立ち並び、南部のクアは島内最大の繁華街であり、この近辺にもリゾートが立ち並ぶ、パンタイチュナン、パンタイテンガーなどがあります。

★★★★★ 高級ホテル

★★★★ 中級ホテル

★★★ エコノミー

ビンタン島観光情報

ランカウイ島の観光情報はこちら

ランカウイはビーチ以外の自然も多く、さまざまなアクティビティ、観光が楽しめます。まずはこちらで、滞在ビーチを決めると良いかもしれません。

 おすすめ観光スポット  | ショッピング  | スパ・マッサージ  | オプショナルツアー  | ゴルフ  | マリンスポーツ  | パヤ島のダイビング  | ビーチ情報  | 離島ガイド

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0